タイ伝統療法 ハーブボール

ハーブボールとは

 

 

症状に合わせて10~30種類ものハーブをブレンド

ハーブボールの起源は、チベットだといわれています。僧侶たちの疲労回復をはじめ、病気や怪我の治療のために、お風呂やサウナなどでハーブが使われてきました。
それが、タイへと伝わり、家庭でも取り入れられる療法の一つになったといわれています。

そのため、日本女性に比べタイの女性には、更年期など女性特有の不調が少ないそうです。
ハーブボールに使われるハーブの種類は、なんと10~30種類! 

 

代表的なものを挙げると、発汗作用などで最近話題のタイ生姜をはじめ、血液をサラサラにするウコンや抗菌作用の高いレモングラス。これは、馴染みがありますよね!

 

血行促進効果のあるこぶみかんの皮や葉など、どれも古くから食用や医療に用いられてきたものばかりがハーブボールには作られます。

 

化学物質や添加物など一切使用しない、天然のものがブレンドされているので安心です。

 

優しいハーブの香りに包まれてリラックス効果抜群!

 

蒸したハーブボールを肌や関節などコリや痛みのある部分を中心に、体の経路に沿って全身に押し当てていきます。

マッサージで代謝の良くなった体にハーブの蒸気と成分が発汗を促し、体内の毒素や老廃物の排泄を促進。

日々のストレスを解消し、体質改善や病気予防、ダイエットにも効果的です。

ハーブの薬草効果が作用するので、美肌を期待したい人にも、ぴったり!

ハーブの優しい香りと温熱効果で、施術中はリラックス。なかにはあまりの気持ち良さに思わず眠ってしまう人もいます。

 

ハーブの有効成分が肌から経皮吸収されるということは口から飲むより効果が期待されます。それだけでなく、鼻からもその成分が吸収される仕組みです。

 

特に冷えやむくみに悩む女性の方。

生理痛・生理不順・女性特有の辛い症状の方。慢性的な疲労感が抜けない、不眠の方にオススメしたい療法です。

 

  通常のマッサージに比べて格段にほぐれ感に違いが出ることや、受けてる最中も温かくそしてハーブの天然の香りが最上級のリラックス感を誘うのが特徴です。
さまざまなハーブがブレンドされているので、香りが非常によいのが特徴です。
温熱療法のマッサージ版といってもいいほど、温かい感触がじんわり体を包み込みます。
首や肩のコリ、そしてお腹の冷えや足のむくみなどなど、気になる箇所にポンとおくだけで過度の緊張もとれて気持ちもゆったりしてきますよ。

タイ古式マッサージやオイルマッサージと併用して行うと効果がさらにあります。

 

例)タイ古式マッサージ60分+ハーブボール30分

トータル90分の施術です。